一口に『キャバクラ』と言っても、実は種類がとても豊富です。

一般的なキャバクラ

一般的なキャバクラとは

キャバクラはお客様の隣にドレスアップした美女が座って接待を行う飲食店です。
営業は夜20時~深夜1時前後が主流で、仕事終わりのビジネスマンがよく訪れます。
専業キャバ嬢だけでなく、普段は学生やOLをしている女性達も副業として働いていますよ。

朝キャバ

朝キャバとは

朝キャバの営業時間はお店によっても異なりますが、大体早朝4時からお昼くらいまで営業しているのが一般的です。働いているキャストは出勤前のOLや主婦、そして夜のキャバクラで勤務を終えたキャバ嬢がそのまま朝キャバで働くことも。

警備員や工場など夜勤がある仕事の人や、ナイトワーク系の仕事をしている人にニーズがあると言えるでしょう。

昼キャバ

昼キャバとは

昼キャバはお昼から夕方くらいまで営業しているキャバクラです。
時間帯的に学生や主婦がバイト感覚で働いていて、お店に来るお客様も学生や休憩中のサラリーマンがメイン。
お店によっては朝の部、昼の部、夜の部と分けてほぼ1日中営業している場合もあります。

姉キャバ

姉キャバとは

キャバクラと姉キャバの違いは、働いているキャストの年齢です。
キャバクラは20代前半の若い女の子が働いているイメージですが、姉キャバはそれよりも年齢が高い20代後半~30代のキャストが揃っています。
「若い女性のテンションについていけない」「騒がしいのは苦手」なんて男性にはおすすめ。

熟女キャバ

熟女キャバとは

熟女キャバはその名の通り、30代~50代の熟女たちが働いているキャバクラです。
「年上の女性に甘えたい」「経験豊富な女性と会話を楽しみたい」という男性にはピッタリでしょう。

当サイトでは、様々なジャンルのキャバクラで実際に遊んでみた男性たちの体験談をご紹介しています!「自分に合うキャバクラのジャンルってどこだろう?」とお悩みの方は、ぜひ読んでみてください。